マンションモデルルームのチェックポイント

マンション購入は、便利だからだけの理由ではなくどのような用途に使うか広さや利便性も重要です。

マンションモデルルームのチェックポイント

マンションモデルルームのチェックポイント

マンションを購入する前、まず見るのが専有部分の面積はどのくらいあるかを確認しますベランダやバルコニーは共用部分になりますが、予算があれば、広いにこしたことはありません。広ければ部屋の数も増えて押し入れやクローゼットなどの収納のスペースも増えます。しかし部屋の面積は家族構成によっても違ってきます。家族が多ければ個室も必要になり、リビングも広くしたいものです。又、1人暮らしであれば無駄が多くなります。永住型であれば入居後に不満がないように慎重に決断したいものです。

予算の都合では都市型のマンションの場合、専有部分を狭くせざるをえないという物件が多いと思います。専有面積が40で2DKぐらいの広さでも都心に住めるということのメリットがあるから我慢できることで、郊外に同じようなマンションを建てても需要はないわけで、狭くても利便性が良いものが欲しいという考えの方、仕事上深夜業務の多い方が購入したりするケースが多いわけです。つまり狭くても通勤時間などを考えた場合とか自宅兼事務所であれば、それなりにメリットがあるのではないでしょうか。マンション購入は、便利だからだけの理由ではなくどのような用途に使うかが重要です。

注目情報